東京タラレバ娘の1巻が無料で読めるので読んでみた

MENU

東京タラレバ娘の1巻が無料で読めるので読んでみた

2017年1月18日より、吉高由里子を主役にドラマが始まる「東京タラレバ娘」。これの原作1巻がまんが王国で無料で読めます。※期間限定

 

ギャグテイストの強い漫画で、1巻だけでも何度か声に出して笑うほど楽しめました。これは無料期間中に読んでおくべき。太鼓判押します。(ドドン)

東京タラレバ娘のあらすじ

倫子(りんこ)は、表参道に事務所を構える脚本家。結婚したいと思いつつも、自分から行動らしい行動はせず、気づけば独身で33の誕生日を迎えていた。

 

そんな倫子の楽しみと言えば、独身友達の「香(かおり)」と「小雪(こゆき)」の3人で、小雪のお父さんの経営する居酒屋「呑んべえ」で、浴びるほどお酒を飲むこと。

 

しょっちゅう3人で呑んべえに集まっては、「あの時、告白を受けてれば」とか「あの男と結婚してれば」など、たられば話に花を咲かせている。そのマナーたるや、うるさくて品が無くて恥じらいが無くて、周りのお客さんが引くほどだ。

 

その日は、倫子が恋愛絡みで手痛い傷を負った日で、いつも以上に3人で騒いで飲んでいた。

 

すると、近くで独り飲んでいた金髪のイケメンから、キツイお言葉が。

 

「いい加減うるさいよ。いい歳してタラレバ話でよくそんなに盛り上がれるな。あんたらのは女子会じゃなくて、行き遅れ女の井戸端会議だ。そうやって一生女同士でタラレバつまみに酒飲んでろよ!このタラレバ女!!」

 

あまりに辛辣な言葉を浴びせられ、ショックで固まってしまう3人。

 

まさかこの金髪イケメンと倫子が深い仲になっていくとは、「東京タラレバ娘」の読者にしか想像できなかったに違いない。

東京タラレバ娘の登場人物

倫子(りんこ)
33歳独身。表参道に事務所を構える脚本家。主にネットドラマの脚本を執筆している。よく酒のつまみが語りかけてくる妄想をする。

 

香(かおり)
33歳独身。倫子、小雪とは高校の頃からの親友。表参道でネイルサロンを経営している。美人でスタイルもいいが、ここ数年彼氏もいない。

 

小雪(こゆき)
33歳独身。倫子、香とは高校の頃からの親友。父親の経営する居酒屋「呑んべえ」の手伝いをしている。漫画に一人は登場する眼鏡キャラ。

 

KEY
金髪&長身(186cm)のイケメンモデル。居酒屋「呑んべえ」の雰囲気を気に入っており、一人でよく飲みに来る。思ったことはズバッと言う男。

東京タラレバ娘の感想

正直に言うと、女性向け漫画ってことで、大して面白いことは期待してなかったです。期間限定で1巻無料だし、ドラマにもなるみたいだし、暇つぶしに読んでみよう、みたいな。

 

作者の東村アキコさん、ごめんなさい。すっっっごく面白かったです。1巻だけでも3箇所くらい声に出して笑う場面がありました。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

 

個人的に特にツボだったのが、2話目の倫子の脳内反省会。期待してこれだけ服装頑張っちゃってたんです〜ってとこ。色々計算され尽くされてんな〜ってwww

 

なんかキャラクターの考え方や言動がやけにリアルで臨場感があるんです。これは作者さん自身が巻末のおまけで言ってたように、独身の友達をモデルにしてるからなんでしょうね。

 

30過ぎの独身女が主役という点で、未婚率の上がってる今の日本だと、共感しちゃう人も多そう。これはドラマ始まったら、「逃げ恥」ばりに流行っちゃうかも??

 

ってか漫画だけで比較したら、オレは「逃げ恥」より「東京タラレバ娘」の方が面白かったです( ´∀`)

 

オレも読む前に思っちゃったことだけど、「絵が古臭い」ってスルーしちゃうのは、勿体無い作品ですよ。ってか表紙がイケてないだけで、中身は全然古臭くありませんから♪